韓国旅行するならここが一番オススメ

K-POPが日本でも流行している今、やはり本場の韓国へと行きたいと思う日本人も多くなって来ています。実際、私の姉の友達や私の後輩も韓国旅行へと行っています。

韓国へ行ったのなら、やはり有名な観光地を訪れたいと思う人もいるかと思いますし、もっとマイナーなところへもいってみたいと思う方もいると思います。

そこで、今回はちょっと地元民の方々に聞いた有名すぎる観光地ではなく、行ってみると実はすごく楽しくいいところを教えてもらいました。

ひとつは、ソウル市内にある『ソウルマリーナクラブ&ヨット』というところです。ここで有名なのは、遊覧船なのですが、そんな遊覧船よりももっと優雅でおしゃれな体験ができると言われているのがこの『ソウルマリーナラブ&ヨット』なんです。

ヨット体験ができるというのは、ある意味ではとても貴重で珍しいと言われている程なんです。クルージングをしても、お値段はリーズナブルなのでそれも含め、話題が大きく広がっています。なぜここがそれほどまでに人気なのか、話題が広がっているかというと、海外に出なくても異国的な趣を感じられるからなんですね。

私もちょうどこの前、韓国にいってこのヨットの体験をさせてもらったのですがなんとも凄かったです。風も気持ちよくて、船で感じるものとはまた違った感じがしました。何より旦那がとても「ふぉー!」とテンション高々で風を感じているこちらも楽しくて気持ち良かったです。

ヨットからでもまた違ったソウルの街並みが見れますし、韓国ドラマや映画といったメディアに詳しいファンは撮影場所の聖地も見れます。それがきっと、ここ地元民も愛し、観光客を虜にしてしまう魅力なんですね。

私も見たときあわあわと密かにテンションが上がりました。そして、マリーナセンターに入っていくと、1階にはカフェ、2階にはコンベンションホール、3階と4階にはそれぞれ日本料理のレストランとラウンジバーがあります。

なので、ヨットが苦手だけど景色は見たいとかそういった方にはこちらで食事を楽しみながら景色を見てもらえたらそれはそれでとても楽しいですし、その景色に引き込まれるかと思います。


もうひとつは、『臨津閣』というところです。臨津閣というのは、北朝鮮との間の軍事境界線付近を見渡すことのできる展望台のことです。ここはとにかく広いです。私の場合はあまり時間がなかったので全部は回れませんでしたが、遊園地や公園、レストラン等あります。

子どもがめちゃくちゃ走り回っていたので、小さな子どもがいるご家庭ならいい場所かなと思います。また、展望台とはいえ、1、2階は過去や今現在の韓国の歴史資料があるため、韓国を知るのにはとてもいい場所なのかもしれませんね。


そして、もうひとつは『ソレ島』という場所です。ソウルに流れているハンガンという川にある公園の1つであり、バンポ漢江公園の近くにある小さな島のことを言うのですが、地元の方々にはとてつもなく幸せな場所といっても過言ではないでしょう。

春には菜の花が一面に広がり、とても綺麗になるのです。そして夜にはイルミネーションや噴水ショーもあったりするので地元民にも観光客にも愛されている場所です。一度訪れてみるといいでしょう。


もうひとつは、『インサドン』という、ミョンドンからタクシーでおよそ10分程でつく辺りにあります。ここでは、韓国の伝統的な建築物や、周辺に老舗のカフェやお店がズラリと並んでいます。

その風景がまた異国にきた感じを表しており、景色を十分に楽しめますし、ショッピングも楽しい場所です。カフェがとてもオススメなんですが、これまた飲み物や食べ物が美味しいのはもちろんカフェの雰囲気が最高なんですよ。

外見は普通なのですが中に入るととても落ち着いた感じがあるので子どもが騒いでも温かい目でいてくれます。お店の雰囲気もあったからなのかスタッフさんも優しくて、子どもにも温かく接してくださいました。子連れできたとしても、ここはとてもオススメできる場所です。

今どきPCは化粧品サイズ!?

Windows XPのサポートが終了するという事で、長年使っていたデスクトップPCを買い換える事を決意。
…とはいえこれ、正確には自分用ではなく。
実家に置いてあるものなので、親が使うように本当にネットさえ繋がればいいや的な感じで色々探しておりました。
で、結果的に買ったのが写真のPCなのですが…。

なにこれちっさー!!!!
今はこんなに小さくなっちゃうんですね。勿論その代わりにドライブディスクが無かったりなど、必要最低限の機能しか付いていないんですがね。
それにしても、普段使っているクリームの缶と比較してもこの小ささ。漫画の薄さだって単行本サイズです。凄いですよね~。
我が家でセットアップして、実家まで小一時間電車で運ぶ予定なので持ち運びには便利ですが。
こんなにコンパクトでも、実家のPCより起動も早くサクサク動くので、本当にこういう機器は年々進化しているなぁとしみじみ思いました。

私が始めてPCをいじったのは、もう10年以上前。
その時は本当に使い方もわからず、分厚い説明書を読んでも意味不明で四苦八苦しましたが、今は電源さえ入れれば、わかり易い説明が出て来るんですものね。
もしくはディスクを入れれば勝手にPCがやってくれるとか。
本当に誰でも使いやすい時代となりましたね。

ともあれ、これでしばらくは実家でも快適ネットライフ!頼むからWindows7は長いこと生き残っておくれよ~!

追伸:いまブログ用の画像を編集しようとWindowsのペイントを触ってるんですけど、ペイントで写真を結合するのってちょっと難しい(;´д`)トホホ…
ペイントで画像を並べる方法をみながらなんとかできましたが、もうやりたくないかな。

画像編集ソフトはなにかインストールしとかないとダメですね。

一度は試してみたい黒酢サプリメント!その選び方とは?

今や『黒酢サプリメント』といえば、健康補助食品として代表的なサプリメントの一つとなってきました。テレビや雑誌などでも度々取り上げられ、体にとってさまざまな素晴らしい効果をもたらしてくれることが分かっています。

黒酢には、他のお酢とは違ってアミノ酸、酢酸、ミネラル、ビタミンが特に多く含まれていますので、それらがダイエット効果や、血行促進効果、疲労回復効果などの嬉しい効果を発揮してくれます。

たくさんのメーカーから販売されている黒酢サプリメント。その選び方は?

サプリメント


そんな黒酢サプリメントですが、最近では数多くのメーカーから販売されており、そのどれを選べばいいのか正直迷ってしまいますよね。そんな時は、メーカーによっての違いを比べてみるといいかもしれません。

まずアミノ酸の配合量です。原材料となる黒酢がどのような工程で作られ、どのようにして黒酢成分を抽出しているのかなどの違いで、サプリメントのアミノ酸の量が変わってきます。もちろんその違いによって、体にもたらされる効能にも差が出てきます。

基本的に黒酢は、玄米と麹菌を発酵させ、それをかめ壺の中でじっくりと半年以上熟成させることで作られます。

その際に、かめ壺の底に『黒酢もろみ』とい沈殿物が溜まるのですが、この黒酢もろみにもたっぷりのアミノ酸が含まれていますので、黒酢だけなのか、または黒酢と黒酢もろみの両方が含まれているかどうかで、アミノ酸量が大きく違ってきます。

その他にも、黒酢とニンニク成分がプラスされたものや、卵黄油がプラスされたもの、生姜や唐辛子成分が含まれるものなど、いろいろあります。

自分が、どのような効果や効能を実感したいのかを明確にしたうえで選んでいけば、自分に一番合った黒酢サプリメントに出会うことができるでしょう。

黒酢サプリメントを長く続けるためには?

疲労回復サプリメント


黒酢は大変体に良いということは分かりましたが、お酢ですのでそのまま飲むにはやはり抵抗がありますよね。その点、黒酢サプリメントはほとんどが飲みやすいカプセル状や錠剤型になっていますので、毎日気軽に摂取し続けることができます。

しかし、毎日続けていくには、その内容成分や効果の違いだけでなく、金額的にも負担なく続けて行くことができるかどうかも重要ですので、しっかりと把握しておきましょう。

なんだか疲れが取れない、という理由で黒酢に興味を持ったかたも多いと思います。確かに黒酢は慢性疲労を回復する効果が高いと言われてますが、疲労の原因が肉体疲労ではなく、肝臓の疲労、といったケースもあります。特にお酒をよく飲まれる方は肝臓の疲労も疑ってみた方が良いかもしれませんね。

肝臓の疲労ならしじみサプリやオルニチン、ウコンなどといったアプローチが有効と言われています。自分の生活習慣や体調を考えてベストなサプリメントにのみお金を使いたいものですね。

和食のランチバイキングでいつも食べ過ぎます

明日はお友達数人とランチです。しかも、バイキング。楽しみです。家族と行くとバイキングは高くつくので行けません。明日も一人1500円です。

一人分ならいいですが家族数名となると痛い出費です。ディナータイムのバイキングはもっと高くなります。やっぱり家族とは無理です。

でも、友達とのバイキングも本当のところどうかと思います。バイキンなのでゆっくりおしゃべりができません。

数名とのランチなので一人きりにならず寂しくないですが、二人だけでランチバイキングではそうもいかないでしょう。しかも、私は結構食べます。

せっかくのバイキングだからと意気込んでしまいます。周りを見ると皆さんあまり食べないようです。早々にスウィーツに移っている人もいます。

私はといえば周りがスウィーツの時もまだ炭水化物のパスタやご飯ものを持ってきて周りから笑われてしまいます。明日行くバイキングは和食が中心です。

野菜をたくさん出すので女性中心です。時間制限がないので女性のグループがよく使っています。11時半開店でその時に列をなしてドバーっと入店しますが、そのあとはほとんど誰も入りません。

値段が高いせいかサラリーマンやOLさんはいません。みんな主婦ばかりです。お昼のバイキングをゆっくり楽しめるのは主婦だけかもしれません。

三重で奮闘!職業別、婚活イベントへ行った思い出

「研究職」または「技術職」に絞って婚活パーティーへ参加、三重の婚活イベントとなるとこれもまた難易度が上がります。

好きな男性のタイプにこだわりがある私は、職業別にお見合いのできる婚活サイトを利用することにしました。

その職業から選択できる婚活サイトは、登録料がかかりません。ですが、実際にお見合いをセッティングして、見事カップルになったら仲介料というものが発生しました。その仲介料もリーズナブルなので、費用の面では安心して利用させてもらいました。

私がこだわっていた職種は「研究職」または「技術職」でした。内容にこだわりはなく(笑)ただ、研究と技術系の職種であればOKという感じでした。

この二つの職種は、普通に生活していて出会えるものではありません。私の知人にも誰一人としてそのような条件を満たした人と関わり合いのある者はいませんでした。三重の婚活イベントとなるとこれもまた難易度が上がります。三重の自治体婚活って開催数がめちゃくちゃ少ない2014年に入って1月から5月までに開催されたイベントはたったの2回

ですから、この婚活サイトは非常に嬉しく、期待もしていました。

紹介の連絡は、やはりしばらくは来ませんでしたが、一ヶ月ほど経ったぐらいに、研究職の方とのお見合いが決まりました。

年齢は三つ年上で、製薬会社の研究をしているとのことでした。その時は、そんな立派な所に勤めている人が、なぜ婚活に・・・とびっくりしましたが、それも彼のプロフィールを見せていただいて納得しました。

実際にお会いする日は、本当に緊張して、とにかく失礼のないようにと心がけました。

目の前に現れた男性は、少し年齢より老けて見えましたが、誠実そうな男性でした。

お話を進めていく上で、やはり賢い方なのだなぁということを、会話の節々で感じました。

その日は、二時間ほど話してさようならをし、その後に担当者から直接のやり取りを希望するかどうかを聞かれました。

彼のことをもう少し知りたい私は、お願いしますと頼みました。すると、彼ももう一度あいたいと思ってくれていたようで、お互いに連絡先を交換しました。何度か顔を合わせるうちに、次第に打ち解けて仲良くなれました。

彼の転勤がきっかけで、それ以上発展することはなかったのですが、婚活イベントを通してなかなか出会えることのない職業の方と出会えたことは、本当に良い経験になりました。