和食のランチバイキングでいつも食べ過ぎます

明日はお友達数人とランチです。しかも、バイキング。楽しみです。家族と行くとバイキングは高くつくので行けません。明日も一人1500円です。

一人分ならいいですが家族数名となると痛い出費です。ディナータイムのバイキングはもっと高くなります。やっぱり家族とは無理です。

でも、友達とのバイキングも本当のところどうかと思います。バイキンなのでゆっくりおしゃべりができません。

数名とのランチなので一人きりにならず寂しくないですが、二人だけでランチバイキングではそうもいかないでしょう。しかも、私は結構食べます。

せっかくのバイキングだからと意気込んでしまいます。周りを見ると皆さんあまり食べないようです。早々にスウィーツに移っている人もいます。

私はといえば周りがスウィーツの時もまだ炭水化物のパスタやご飯ものを持ってきて周りから笑われてしまいます。明日行くバイキングは和食が中心です。

野菜をたくさん出すので女性中心です。時間制限がないので女性のグループがよく使っています。11時半開店でその時に列をなしてドバーっと入店しますが、そのあとはほとんど誰も入りません。

値段が高いせいかサラリーマンやOLさんはいません。みんな主婦ばかりです。お昼のバイキングをゆっくり楽しめるのは主婦だけかもしれません。

三重で奮闘!職業別、婚活イベントへ行った思い出

「研究職」または「技術職」に絞って婚活パーティーへ参加、三重の婚活イベントとなるとこれもまた難易度が上がります。

好きな男性のタイプにこだわりがある私は、職業別にお見合いのできる婚活サイトを利用することにしました。

その職業から選択できる婚活サイトは、登録料がかかりません。ですが、実際にお見合いをセッティングして、見事カップルになったら仲介料というものが発生しました。その仲介料もリーズナブルなので、費用の面では安心して利用させてもらいました。

私がこだわっていた職種は「研究職」または「技術職」でした。内容にこだわりはなく(笑)ただ、研究と技術系の職種であればOKという感じでした。

この二つの職種は、普通に生活していて出会えるものではありません。私の知人にも誰一人としてそのような条件を満たした人と関わり合いのある者はいませんでした。三重の婚活イベントとなるとこれもまた難易度が上がります。

三重の自治体婚活って開催数がめちゃくちゃ少ない2014年に入って1月から5月までに開催されたイベントはたったの2回
三重婚活イベント.com 

ですから、この婚活サイトは非常に嬉しく、期待もしていました。

紹介の連絡は、やはりしばらくは来ませんでしたが、一ヶ月ほど経ったぐらいに、研究職の方とのお見合いが決まりました。

年齢は三つ年上で、製薬会社の研究をしているとのことでした。その時は、そんな立派な所に勤めている人が、なぜ婚活に・・・とびっくりしましたが、それも彼のプロフィールを見せていただいて納得しました。

実際にお会いする日は、本当に緊張して、とにかく失礼のないようにと心がけました。

目の前に現れた男性は、少し年齢より老けて見えましたが、誠実そうな男性でした。

お話を進めていく上で、やはり賢い方なのだなぁということを、会話の節々で感じました。

その日は、二時間ほど話してさようならをし、その後に担当者から直接のやり取りを希望するかどうかを聞かれました。

彼のことをもう少し知りたい私は、お願いしますと頼みました。すると、彼ももう一度あいたいと思ってくれていたようで、お互いに連絡先を交換しました。何度か顔を合わせるうちに、次第に打ち解けて仲良くなれました。

彼の転勤がきっかけで、それ以上発展することはなかったのですが、婚活イベントを通してなかなか出会えることのない職業の方と出会えたことは、本当に良い経験になりました。